くるみ料理の作り方
クルミ洗い

発刊によせて

クルミの生産量が日本ーといわれてきた東部町、 昔はどこの家にもクルミの木がありました。
緑色の実をもぎ取り石で割って、手を黄緑色に染めながら薄皮をむいて、 白い実をたべた思い出は誰もがもっております。 クルミの原産地はベルシャ(今のイラン)で、 東部町でのクルミの作付けは明治の末に始まったと伝えられています。 栄養面では良質の蛋白質や脂肪に富み、 血管をしなやかに保ったり脳の老化を防ぐなど薬効がいわれていますが、 忘れられないのは物の無い頃母親がこしらえてくれた クルミだれの麺類はおかわりをするほどで、食を増してくれたものでした。
いま町では「クルミの里」の復興に向けて動きだしています。 私達女性グループも里づくりの仲間として、 クルミ料理を研究し料理集にまとめることになりました。 「昧のセミナー」「くるみ会議」などの皆様のお力添えもいただき、 長年のグルーフ。活動での学び合いや、実践の積み重ねから生まれた、 ふる里の味クルミ料理集が完成しました。
この料理集がおおぜいの皆様に活用され、 ふる里の味、おふくろの昧でもあるクルミ料理が、 少しでも多く次ぎの世代に伝えられますように願っております。

農村女性ネットワークとうぶ 小林豊子

【主  食】
【お惣菜】
【デザート】
【 薬 】
【銘 菓】