株式会社日本ウオルナット

高品質の裏付け

3拠点の生産ライン

日本ウオルナットの製品は、原料に応じた3拠点の生産ラインで製造しております。
第1工場では、くるみ殻原料の「SOFT GRIT」、第2工場では、とうもろこしの穂芯原料の「CORN COBS GRIT」、第3工場では、桃核原料の「PS GRIT」と、杏核原料の「AP GRIT」を製造しており、各拠点単位で選別・粉砕・篩い・梱包までを行っており、品質の安定した製品を作り出せる体制を整えております。

品質向上への意識

日本ウオルナットの全製品は、原料仕入れの段階から製品ができあがるまでの間で夾雑物(混ざり物)や異物除去などの作業を何度も繰り返し、厳密な検査を各部門・各工程で実施しているため、安心してご利用いただいております。
また、定期的に現場研修や社員教育を行い品質向上への意識を高め、5Sの実践も徹底して行い、同時に社員の各自が確認行動を自主的に行うことにより、すべての「信頼性」を高められるよう取り組んでおります。

1

製品原料

原料は、海外産地から月に数回コンテナにて搬入しております。

製品原料
2

選別工程

粗い原料に強力な磁石を潜らせながら、人の目と手で夾雑物を検査・除去し、高度な比重選別機を通して純度100%に近い原料にします。
また、水分が10%以上ある原料は、製品時に粒度が変わってしまうため使用しておりません。

選別工程
第1工場 選別作業
選別工程
第3工場 選別作業
選別工程
3

粉砕工程

選別した良品質な原料から、ソーゴ式粉砕機で粗粉砕した中間原料に仕上げ、さらにアトマイザーで微粉砕を行い、お客様のご希望の粒度に合わせていきます。
その粉砕機の内部構造は特殊な構造になっており、粉砕工程でも常に磁石を設置し、さらに取り出し口にも磁石を多数設置することで、異物除去の確認を行っております。
粉砕機は10台稼働しております。

粉砕工程
第1工場 アトマイザーに磁石を設置
粉砕工程
第1工場 ソーゴ式粉砕機
粉砕工程
第3工場 アトマイザーに磁石を設置
4

ふるい工程

粉砕工程を経た良質な原料をジュニアシフター(ふるい機)に掛け、JIS規格に準ずる安定した粒度の製品になります。
また、お客様のご注文に合わせた粒度の製品も製造しております。
※粒度においては研磨材粒度規格(R6001)に準じて仕上げております。
弊社独自のラインを複数稼働させ製造しており、ジュニアシフターは6段~7段 計22台が稼働しております。

ふるい工程
第1工場
ふるい工程
第3工場
5

取り出し・検査・梱包

常に世界最高品質製品を目指し、お客様に安心・安全に使用していただくため、最終の取り出し口にも強力な磁石を設置しております。
取り出した製品は検査室にて粒度と水分の検査を行い、測定基準に適合しているかを判断した上で製品梱包をしており、ロットごとにサンプルを保管しております。
※成分表・SDSに記載されているデータは、外部検査機関にて測定した結果を表示しております。

取り出し・検査・梱包
第1工場 製品取り出し・梱包
取り出し・検査・梱包
第3工場 製品取り出し
取り出し・検査・梱包
品質検査
6

出荷

製品は、指定倉庫に製造ロットごとに保管し、速やかな出荷ができる体制を整えております。
納品に関しては、6社の運送会社様と契約しており、納品場所によってより速く正確にお届けできる輸送ルートを選択し発送しております。

出荷
出荷
このページのトップへ